サラリーマンがネットで副業(起業)して副収入をGET!アフィリエイトでセミリタイア?情報起業も目指してしまう!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも訪問有難うございます。これも何かの縁です!ランキングINにご協力下さい。

ポチィ ポチィ と3回お願いします。m(_ _)m

人気ブログランキング

⇒ 鬼ブログランキング

FC2 Blog Ranking







グーグルで「リセールライト」というキーワードでの検索結果です。
886,000 件

これだけ沢山のウェブページがグーグルにインデックスされています。

これは情報ビジネス、インターネットマーケティングの業界で非常にホットな
キーワードとなってきた証だと思います。

さて、それでは同様に「リセールライト」というキーワードをヤフーで検索し
てみました。

62,900件のウェブページがインデックスされていました。


注:「全てがこのような結果に終わるとは限りません他のキーワードで検索す
るとヤフーの方が圧倒的に多いケースもあります」


しかし、上位表示されているサイトの傾向を見ても「リセールライト」という
キーワードは今まさに情報ビジネスに奮闘中のインターネットマーケターの皆
様が頻繁に利用されている事が分かります。


にも関わらずヤフーでの検索結果を見てみるとたったの62,900ページしかイン
デックスされていないんです。


「今からとても重要な事を申し上げます」


その前に世界の検索エンジンシェアについて確認しておきます。
websidestoryによると

    

Google Yahoo! MSN
2001-03-27 11.93% 36.86% 14.69%
2002-03-26 28.86% 36.65% 14.53%
2003-03-25 35.99% 30.95% 17.83%
2004-03-23 40.91% 27.40% 19.57%
2004-06 44.87% 27.33% 15.80%
2005-06 52.23% 25.21% 10.37%



2005年現在グーグルが圧倒的なシェアを誇っています。

そして日本における検索エンジンのシェアです。
Japan.internet.comと株式会社インフォプラントによる検索エンジン意識調査
によると
http://japan.internet.com/research/20040528/1.html

「通常使う検索サイトとして53% が Yahooと回答している」とあります。

ここ日本では、ヤフーが圧倒的なシェアを誇っている事になります。


私は、今までSEOと名のつく書籍やイーブックなど沢山の情報を集めて学習して
きました。

皆さん共通して仰られている事があります。

それは、

グーグルとヤフーの検索エンジン利用者傾向です。



一般的にグーグルの方は中級者から上級者が頻繁に利用
そしてヤフーは初心者が最も多く頻繁に利用

細かく分析すると中級者以上は状況に応じて検索エンジンを使い分けているのに
対して初心者の多くは何も分からずヤフーを利用しているという事です。


さて、この分析結果と情報ビジネスがどう結びつくのでしょうか

それは、商品の購買に結びつくプロセスの違いです。
中級者以上は、より多くの情報を素早く検索し慎重に比較検討する傾向にありま
す。
購買に結びつくまでに時間がかかる傾向にあると言えます。

それに対してインターネット初心者ユーザーの場合は
最も簡単にたどり着いたサイトで購入するという傾向にあります。
購買に結びつくまでにかかる時間が短い傾向にあると言えます。

分かり易く表現すると
ヤフーからのアクセスは「純粋型」
グーグルからのアクセスは「慎重型」

といった具合です。


次に
グーグルで「荒川静香」というキーワードでの検索結果です。
7,000,000 件

同様に「荒川静香」というキーワードを
ヤフーで検索してみました。
3,970,000件のウェブページがインデックスされていました。

注:「全てがこのような結果に終わるとは限りません他のキーワードで検索する
とヤフーの方が圧倒的に多いケースもあります」


私は、次のような仮説を立てました。
世間の注目が集まる所にはメディアの露出度がアップします。テレビ、ニュース
ラジオなどです。

インターネットの世界で個人メディアの代名詞と言えば「ブログ」です。
つまり世間の注目ワード=ブログで多く取り上げられている

このような仮説を立て、ヤフーとグーグルでのインデックス数を比較してみたと
いう分けです。

そうしたらヤフーの検索結果を見てみるとたったの3,970,000ページしかインデッ
クスされていなかったんです。

私が冒頭で申し上げたインデックス数の違いを思い出して下さい。


ヤフーのデータベースには、まだまだ「空き地」がいっぱいあるという事です。
「情報ビジネス」「リセールライトビジネス」というホットな土壌にもかかわら
ずに例えばブログアフィリエイトで利用するキーワードを考えてみます。

アフィリエイトビジネスはトレンドキャッチや情報収集、季節やイベント、世間
の行事に合わせた
その時その時の商材選びというのがとても重要になってきます。
アフィリエイトビジネスでのブログを活用した集客が様々な面から優位性が高い
と言えます。

ヤフーに確実にインデックスされてしかも頻繁にクローラーがまわってきてくれ
た方が成果を伸ばすのに有利な事がお分かり頂けると思います。
インデックス数が少ないという事は、競合が少ない分いいポジションに付ける確
立が高いという分けです。

そうなんです。ヤフーは昨年の10月に検索エンジンフォーミュラーを変更した
ばかりなのです。

日本中に同じ数のウェブページが存在するのに、インデックス数にこれだけの開
きがあるのは何故か

これは、多くの方が簡単なのに、とても大事な事が何一つ出来ていないという証
拠です。

私は、いち早く最新のSEOノウハウを入手しこの事に気がつきました。
ただ今実践中です

このノウハウ本の著者とはKelvinHui

というとんでもない人です。彼は世界ランク2位の実績を持つ
SEO、トラフィックのスペシャリストです。

このノウハウ本はもちろん日本語版です。

今すぐ詳細情報をご確認下さい。









勉強になりましたか?なりましたか!

では、
ポチィ ポチィ と3回お願いします。m(_ _)m

人気ブログランキング

⇒ 鬼ブログランキング

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
訪問ありがとうございました
SEOはなかなか奥が深いですね
勉強になりました
2006/03/31(金) 00:26 | URL | webdream #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://japnet.blog34.fc2.com/tb.php/88-cfc77f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。